ワンルームで2人暮らし

くそ狭くてくそ古くてくそ汚い賃貸マンションを、ミニマリスト中年夫婦が2人でDIYしながら暮らすブログ

【間取り図のみ】義実家に近いゴミだらけの4LDKのマンション【住居遍歴 その1】

〜2015年:最初に住んだお家は4LDKのマンション

結婚して約5年。

3回の引越しを経て今の「クソ狭い クソ古い クソ汚い 賃貸マンション」に引越ししてきました。

そして購入したものの、1度も住まなかったマンションも…。

 

今回の記事では我が家の住居遍歴を紹介するにゃ〜

 

まずは、結婚当初に住んでいたマンションをご紹介。

 

【住居遍歴】私たち夫婦が住んできたお家の歴史紹介します

 

 

だんないが前妻と住んでいた築20年のマンションから結婚生活がはじまりました

京都生まれ京都育ちのていない(嫁)と大阪生まれ大阪育ちのだんない(旦那)が結婚。

最初に一緒に暮らしたのは、バツイチのだんないが最初の結婚のときに新築で購入した築20年の4LDKのマンションです。

 

間取り図はこちら。

 

 

【住居遍歴】私たち夫婦が住んできたお家の歴史紹介します

 

大阪のはずれにある不便な立地

立地は一応は大阪市内でしたが、中心地からはすこしはずれた場所にありました。

JRの駅徒歩10分ほどの場所だったものの、電車の本数が少なく、大阪の中心部に出るために乗り換えが必要な交通の便はかなり不便(だんないは指摘されるまで気づいてなかったけど)。

 

私は結婚当初は腰の手術をしたばかりで(入院1ヶ月リハビリ3ヶ月のけっこうな手術でした)、京都の実家から毎日病院に通うため別居婚で、週末だけこのお家で暮らしてたのですが、

  • 私の実家からこの家まで電車の乗り換えは5回、片道2時間半
  • 私の職場からこの家まで電車の乗り換えは4回、片道2時間

と、とても不便な場所にありました。

マンション最寄りの電車は通勤ラッシュ時以外は本数がかなり少なく、乗り換えに失敗すると3時間以上かかることも…。

 

だんないの実家に近くにあり、毎週末実家に顔を出さなくてはならない

このマンション、交通の便が良くないうえに、だんないの一族がこのあたり一帯で暮らしていて、スーパーに行ってもばったりだんないの親戚に会いまくるローカル色の強い立地だったのもネックでした。

 

週末にだんないに会えるのは嬉しいけど、近所に娯楽施設もなく毎週徒歩15分の大型スーパーに出かけ、そのあとだんないの実家に顔を出して、義父母と義兄弟と親戚と夕食をご一緒するという…。

 

毎週末こんな生活で楽しい人っている?別に親族が嫌いとかじゃないけど、そんなに頻繁に会う意味ある?

 

ものだらけのゴミ箱みたいなマンション

私この家が大嫌いで。

 

もともとはだんないが前の奥さんと結婚していた時に新築で購入し、離婚後もずっと1人暮らしをしていたマンションなのですが、1人で住むには広すぎるため、いらないものが詰め込まれたゴミ箱みたいな家だったんですよね。

 

マンションは前の嫁の残していった趣味の悪い食器と、無計画に少しずつカタログ通販とかで買い足したであろうテイストや色味のバラバラな安っぽい家具だらけ。

そして、買い換える気がないだんない。

 

食器棚を開けると、ハート形のペアグラスが出てきて

 

これは誕生日に妹がくれたんだ〜

 

とニコニコしながら話すだんない。

 

引き出しの中にはおばけちゃん(猫)が噛み切った断線したマウスがぎっしり。

 

すぐに噛んじゃうから、どれもこれももう使えないんだよ〜

 

と、断線した大量のマウスをニコニコしながら見せて、再び引き出しに戻すだんない。

 

洋服ダンスの中にはバブル時代の肩パット入ったような時代遅れの服とかぎっしり。

 

この服は高かったんだよね〜

 

と、20年以上着てないであろう服を懐かしんで取り出し、翌日時代遅れの服を着用するだんない。

 

このマンションごとお前も爆破してやりたいよ。

  

なんの魅力も感じないマンションのローン残が1000万円

付き合いだした時は「マンション持ってる」としか説明がなかったのよね。

そしてリフォームしたらいいよって提案されてたのです。

私は賃貸の団地育ちなので、分譲マンションに住むって素敵だなって思って、深く考えずに楽しみにしてたの。

ただ、結婚してみたら持ってるマンションはローンが1000万円残っていたというあるあるパターン。

そしてだんないには貯金が1円もなかった(さらに私にもほとんどなかった)。

80平米以上あるマンションをリフォームしたらどんだけお金かかるんかな〜?

キッチンを入れ替えて、全ての部屋の壁紙を張り替えて、床をなおしたら…

軽く500万くらいかからん?

 

だんないは車が好きで、当時ベンツのスポーツカーを乗り回しており(これもローン)、

  • アラフィフ
  • 借金ありまくり
  • 貯金なし
  • 金遣い荒い
  • なのに子供を欲しがる

という、完全に詰んでる状況。

 

お前の頭はお花畑か?現実的に考えようぜ??

 

これ以上借金してこのへんぴな立地の、親戚だらけのローカルな場所で、前の嫁と暮らしていたバブルの名残が残る価値の見出せないマンション住みつづけるのかと?

そして私はここから、毎日往復4時間かけて私は仕事に通うのか?

それとも、近所の徒歩15分のスーパーでパートでもはじめりゃいいのか?

 

離婚するか2人で人生立て直すか?デッドorアライブの家探しがはじまった

ということで、今は超仲良し夫婦の私たちですが、結婚当初は

  • だんないノープラン
  • お金ない
  • 借金ある
  • やたら濃い親戚づきあい
  • 当時住んでたマンションが大嫌い

ということで、私は常にイライラしていて、ガチでだんないと離婚しかけてました。

どんなに好きな人であっても、お金と住む場所と人生設計がある程度できてないと、ちっとも楽しくないです。

 

マンション売却の専任契約、1社目は失敗…

「人生を立て直すために引越しするぞい!」ということで、幸せな結婚生活をおくるべく、人生を立て直すために私たちはこのマンションを売り払うことに決めたのでした(というか、私がこのままこのマンションで暮らすなら離婚すると騒いだため)。

 

 

マンションを売ると決めた私たちは、ネットで一括査定に出して売りに出しました。

 

人は誰しもマンションを1円でも高く売りたいと思うので、高い売値を持ちかけてくる人に専任委託をまかせがちだと思います。

ただ、実際はネットに掲載するのがメインなので、あんまりどこの不動産屋さんとか関係ないなと感じました。

 

最初は超大手の不動産会社と専任契約を結んだのですが、1人目の担当者は写真もろくに取らず、適当に不動産サイトに物件を掲載していただけでした。

内覧すらろくになく、こちらから連絡をしても折り返しの連絡が遅い。

 

マンション売却の専任契約、2社目は担当者の誠実さで選びました

1社目を、会社のネームバリューで選んだのは間違いだったなと痛感。

3ヶ月たったので、別の会社に専任を任せることにしました。

  

2社目の専任契約は、元お笑い芸人さんという営業担当のお兄さんのことが気に入ったので、彼にお任せすることにしました。

そのお兄さんは、日を改めて室内の写真撮影に来てくださり、不動産サイトに20枚以上のきれいな室内写真を掲載し、紹介文もたっぷり書いてくれたのです。

こまめに向こうから連絡が入り、担当者次第でこれほど対応が違うのかとびっくり。

前の担当者の時とはうってかわってすぐに内覧が入り、2人目の内覧者がマンションを購入してくれました。

 

我が家は2社目の専任で家を無事売却することができましたが、完全に担当者の誠実さ次第という感じ。

 

会社というより、営業担当の人の誠実さで選ぶのがおすすめです。

 

 

 

まずはネットで「一括査定」を出して、いろんな不動産屋さんから連絡がくると思うので、「室内写真を撮影しにきてくれるのか」「ネットの不動産サイトにはどのように掲載してくれるのか」などプロモーション方法について詳しく訪ねてみてください。

丁寧に対応してくださる方を選ぶが吉!

2社目の専任契約から間も無く、無事に1600万円でマンションを売却することができました。

 

次回は人生を立て直すために選んだ新しいマンションについて書くにゃ〜